墓石

葬儀の変化

数珠

お葬式の費用はどの位掛かるのか

突然の訃報に誰しも気持ちが動転するものです。また、長く患っていたり高齢者を抱えていたりする場合でも、覚悟はしているでしょうがなかなか現実を受け止められないものです。 しかし、いざそのような出来事に出くわした時の準備はしておかなければなりません。人は皆、明日の日が分からないのでお葬式について常日頃から話し合っておく必要があるのです。 では、お葬式と言ってもどのような形式の物があるのでしょうか。 最近では、核家族化が進み、親戚や近所の人との付き合いが希薄になって来ています。家族葬を行う家庭が増えてきているようです。 家族葬の場合、飲食にかかわる経費を削減できますから遺族にとっては経費の面で助かるのではないでしょうか。 地域や葬儀にかける備品により係る経費は変わりますが、一般的なもので50万円程度でお見送り出来るようです。

派手なお葬式が立派なのでしょうか

昔は町内や親戚一同が集って故人をお見送りしたものでした。大きな花輪や祭壇をしつらえ、仕上げの食事会までをにぎやかに過ごします。それが良い葬式の基準だったのでしょう。故人が可愛そうだからと無理に列席を頼む人もいたようです。 しかし、余り縁もゆかりも無いような人に来てもらうことが故人の供養になるでしょうか。また、少子化の今では親戚も少ないでしょう。 家族葬はそのような背景から選ばれるようになったのでは無いでしょうか。周囲に気を使う必要もないので故人を偲びながらゆっくりとお別れが出来る家族葬。 遠縁の親戚の人とかと集まって故人を偲ぶことは、自分たちの気持ちの整理が付いてからゆっくりと行えば良いのです。 いづれにしても家族葬にするのか盛大な葬儀にするのかを事前に話しておく事か大切です。

Menu