墓石

家族葬のメリット

お参りする

親戚にも確認が必要に

日本では家族・親戚・友人知人をはじめ、会社関係など、故人だけでなくその家族と関わりのある大勢の方々が参列する葬儀が一般的です。こうした一般葬ではなく、家族のみで見送る家族葬という葬儀スタイルが近年増えています。 この家族葬を行う場合は、親戚の同意を得るように注意しましょう。というのも、親戚には参列をお断りすることになるからです。どうしてもお別れが言いたいという申し出があった場合は、故人のきょうだいなど近い親戚のみ参列されるというケースも多いものです。いずれにしても、参列の有無にかかわらず、葬儀の前に確認しておく必要があります。

できれば準備しておきたいこと

家族葬を執り行うにあたって、親戚に同意を得る場合はできれば亡くなれる前に話し合いの場を設けておいたほうがスムーズです。亡くなられた後ではお互いに取り乱すこともありますし、葬儀の準備のため葬儀社とのやり取りも発生してくるからです。また、家族葬に限ったことではありませんが、どの葬儀社に依頼するのかも予め決めておくとスムーズに対応することができます。 また、一般の参列者の方には家族葬を執り行う旨を記した文書を用意します。しかし、葬儀後に自宅へと弔問に訪れてくださる方は少なからずいらっしゃるものです。香典を辞退するつもりでも持参してくださる方もいるため、予め香典返しや返礼品として用意しておくほうがよいでしょう。自ら手配するとなると手間もかかります。葬儀の依頼時に、若干数葬儀社へ発注しておくとスムーズです。

Menu